「竹やぶバーニング」を読みました

0

    雑誌「小説宝石 2018年 10 月号 掲載の

    伊坂幸太郎さん「竹やぶバーニング」を読みました。

     

    何とユニークな発想なのでしょう。

     

    舞台は、仙台の七夕まつりです。

    七夕まつりと言えば、織姫・彦星です。

    日本のおとぎ話にちなんだのか、この話には、かぐや姫が登場します。

    かぐや姫と言えば昔話ですが、この話の舞台は現代なので、

    ホスト、SNS、スマートフォン、ネットオークションなど、

    いかにも現代らしい風景を表わす言葉が、あちこちに出てきます。

    一見ミスマッチのような、不思議さがおもしろかったです。

     

    ところで、タイトルの「竹やぶバーニング」ですが。

    バーニングとは、直訳すれば「燃えている」という意味ですよね。

    この小説では、火事の場面が出てくるので、

    それがタイトルになったということでしょうか。

    「竹やぶ焼けた」ですね。

     

    お話の突飛さもユニークでしたが、タイトルもユニークです。

    伊坂幸太郎さんの発想力に感服しました。

     

     

         

       小説宝石 2018年 10 月号 [雑誌]

     

       光文社 小説宝石

     

    -----------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 新刊「AX アックス」発売予定
      季ララ
    • 新刊「AX アックス」発売予定
      あひろて
    • 「火星に住むつもりかい?」文庫本を読みました
      季ララ
    • 「火星に住むつもりかい?」文庫本を読みました
      ゆひ
    • 文庫本「マリアビートル」東北新幹線編
      季ララ
    • 文庫本「マリアビートル」東北新幹線編
      あひろて
    • 文庫本「死神の浮力」を読みました
      季ララ
    • 文庫本「死神の浮力」を読みました
      あひろて
    • 「陽気なギャング」シリーズを読みました
      季ララ
    • 「陽気なギャング」シリーズを読みました
      あひろて

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode