「キャプテンサンダーボルト」文庫本を読みました

0

     

    文庫本の「キャプテンサンダーボルト」を読みました。

     

    上下巻、それぞれにボーナストラックとして掌編小説が収録されています。

    どちらを伊坂さんが書かれたのか、阿部さんさんが書かれたのか、

    それはわからないので、想像するしかありません。

    たぶん、あっちが伊坂さんかなぁと思ったりもするのですが。

     

    解説で、佐々木敦さんがおっしゃっています。

    「本作のどこを阿部が、どこを伊坂が書いたのかを問うことが意味をなさない」

     

    それくらい、合作とは言え、ふたりが融合している小説でした。

    ボーナストラックも、どちらが書いたのか考えることに意味はないかもしれません。

     

    また、佐々木敦さんは

    「阿部+伊坂」というより「阿部×伊坂」だ、ということも書かれています。

    ええ、まさにそういった感じの小説でした。

    文庫本では、単行本の内容に加筆がされ、さらにバージョンアップしています。

    読み応えのある長編小説でした。

     

     

    佐々木敦さんによる、文庫本の解説<英雄たちの帰還>はこちらです。

     

     

     

        

      キャプテンサンダーボルト 上 (文春文庫)   

          キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫)

     

    -----------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「サブマリン」を読みました<4回目>
      季ララ
    • 「サブマリン」を読みました<4回目>
      あひろて
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      季ララ
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      よしペコ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      季ララ
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      ゆひ

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode