「奇想博物館」の「小さな兵隊」を読みました

0

     

    奇想博物館: 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)」に収録されている

    伊坂幸太郎さんの「小さな兵隊」を読みました。

     

    初めてこの話を読んだのは2012年10月のことでした。

    「問題児」と「答え児」という発想を楽しみました。

    そのときに書いた記事はこちらです。

    その後、「残り全部バケーション」に収録されました。

     

    先日読んだ、インタビューで、伊坂さんがおっしゃっています。

    伊坂さんは、どちらかというと全体がわかり難い話の方が好きだけど

    読者が喜んでくれる作品は、出版社からの依頼で書いたものが多いと。

    読書のいずみより)

    この「小さな兵隊」は、短編なので、

    出版社からの依頼で書かれたものなのでしょうか。

     

    とは言え、このお話を伊坂さんご本人もお気に入りのようです。

    「奇想博物館」の解説に、この本の編集方法が書かれています。

    それによると、最初に30人の作家を選出。

    次に、その作家に自薦作品を二作選んでもらって、

    それを編者のお二人の合議で一作に絞ったのだそうです。

    ということは、伊坂さんご自身がこの「小さな兵隊」を自薦したと。

     

    わたしも好きなお話なので、うれしいです。

     

     

    -------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      季ララ
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      よしペコ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      季ララ
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      ゆひ
    • 「クリスマスを探偵と」
      季ララ
    • 「クリスマスを探偵と」
      あひろて

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode