「連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集」を読みました

0
    「連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集」を読みました。
    2013年にお亡くなりになった連城三紀彦さんの作品を
    綾辻行人さん、伊坂幸太郎さん、小野不由美さん、米澤穂信さんの4人が選者になって
    編んでいる、傑作ミステリー集です。
    巻末には、伊坂さんと綾辻さんの対談が載っています。

    連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集
    連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集

    このブログのコメント欄にて、この本の情報をいただきました。
    そのいただいたコメントによると、
    この本の巻末にある、伊坂さんと綾辻さんの対談には
    伊坂さんの人柄がにじみ出るエピソードがあります、とのことでした。
    そう、教えていただいたものですから、本編の連城さんの作品より先に
    巻末の対談から読み始めました。
    連城さん、ごめんなさい。

    その対談のページは、結構たくさんのページがありました。
    そのページ数からしても、伊坂さんと綾辻さんのおふたりが、
    連城さんの話題で盛り上がったことが容易に想像できます。
    そして、読めば読むほど、おふたりとも連城さんを尊敬なさっており
    連城さんの作品を好きなことが強く伝わってきました。

    -----------------------------------------------------------------
     一編一編がものすごく高密度で、
     なおかつすべてに「やられた!」という驚きがあって。
    ------------------------------------------------------------------
    こう、綾辻さんがおっしゃっています。

    ----------------------------------------------------------------------- 
     何だか、マジックをかけられているような気がするんですよ。
    -----------------------------------------------------------------------
    と、おっしゃる伊坂さんは、
    連城さんは、いかに読者を騙すかという
    そのことだけを考えていたんじゃないかと感じたともおっしゃっています。

    これを読んだわたしは、騙されることが楽しみになりました。
    対談のページを読んでから、本編の連城さんの作品を、さあ読むぞ!という段になり
    さあ、どんな風にだましてもらえるのでしょうと、わくわくしました。
    そして、まさに、おふたりのおっしゃる通り!
    この本の中にあるすべてが、どんでん返しのお話でした。
    最後にひっくり返るんですよね。
    びっくりです。

    伊坂さんは、納得がいかないことがあるとおっしゃっています。
    ------------------------------------------------------------------------
     あれだけクオリティが高くて、すごい作品が目白押しなのに、
     なぜか、読まれる機会が少ないんですよ。
    ------------------------------------------------------------------------

    こういう気持ちを持っていらした伊坂さんは、
    ご自身で連城さんの本の手書きポップを作って書店を回ったことがあるのだとか。
    なんという熱い気持ちでしょう!
    ホントに連城さんの作品を愛していらっしゃるのですね。

    比較するのはおこがましいのですが。
    わたしも、伊坂さんの新作が出るたびに、多くの人に読んでもらいたくなって
    できることなら手書きポップを作って、書店で宣伝したいとまで思います。
    まあ、わたしの場合は思うだけで実行はできませんが・・・。
    伊坂さんは、実行なさっている。素晴らしいですねえ。

    また、この対談では「いい話ですね」というフレーズがたびたび出てきます。
    どちらかと言うと、伊坂さんの口からこの言葉が出ている方が多いですね。
    それだけ、綾辻さんが、あたたかいエピソードを語ってくれているでしょう。
    そして、それに対して、伊坂さんもあたたかい気持ちになっていらしゃるご様子です。
    きっとこの対談は、とてもいい雰囲気の中で盛り上がったんだろうなぁと思いました。

    わたしもまた、おふたりからいいお話をうかがうことができました。
    そして、連城さんのどんでん返しのお話にも出会うことができました。
    ありがとうございます。


    ------------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

         伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------

     

    コメント
    季ララさま

    早速お読み下さってありがとうございます。伊坂さん、以前からいい人だとは思っていましたが、連城作品をススメる自作のポップを手に書店を回るだなんて、いい人過ぎる〜!と叫んでしまいました。そんな作家さんいます?他に。(笑)

    でも伊坂・綾辻両氏があれだけの情熱をもってオススメされるだけのことありますよね。わかっていても最後こうくるか‼︎と毎回ヤられてしまいました。嬉しい裏切られ方。

    季ララさんの伊坂作品オススメポップ!見てみたいです!なんて言ってみたりして。(笑)
    • るる
    • 2015/01/18 7:46 PM
    ◆ るるさんへ ◆

    伊坂さんと綾辻さんの対談、楽しそうでしたよね。
    そして、おふたりとも、たくさん読んでいらっしゃいますよね。
    きっと「愛」があるのでしょう。

    そして、伊坂さんのパワーもすごいですよね。
    そのポップ、見てみたいです。
    どんな言葉を書いたのでしょうね。

    わたしはポップを作ったことはないのですが、
    カードを作って、友人・知人に送ったことがあります。
    ここのブログの、カテゴリー「手紙」をクリックして
    いただければ、ご覧いただけます。



    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      季ララ
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      よしペコ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      季ララ
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      ゆひ
    • 「クリスマスを探偵と」
      季ララ
    • 「クリスマスを探偵と」
      あひろて

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode