文庫本「PK」を読んでから

0
    文庫本「PK」が出てから、何度も読みました。

           PK (講談社文庫)
             PK (講談社文庫)

    単行本「PK」が出たのは2012年3月でした。
    その時も、結構、何度も繰り返し読んだのですが、
    わたしの中のもやもやが、完全に消えることがなく、
    「伊坂幸太郎さんの本を読む」のページに、
    あらすじや感想を書くのがどうもうまく書けなくて。
    自分自身、納得のいくページには仕上がっていませんでした。

    文庫本「PK」が出るとわかってから、
    文庫本が出る前に、もう一度単行本を読んでおきたくなりました。
    最初に読んだときから2年半が経っています。
    見えていなかった言葉が見えてきたように感じました。

    あっ・・・。もしかして、これって、そういうこと?

    そういう言葉がいくつか見つかって、もやもやが晴れてくる気配を感じました。
    そして、文庫本が出ました。
    そこには大森望さんの解説も載っていて、それを読ませてもらうと、
    徐々にもやもやが薄くなっていきました。

    と、同時に別の謎が出てきました。
    今まで、読みこみが足らなかったせいで、
    全く気にも留めていなかった言葉が、妙に引っかかってきて。
    それを整理するような思いで、ここのブログに「もうひとつの感想」を書きました。

    伊坂幸太郎さんが、「もうひとつのあとがき」に
    この「PK」は「!」と「?」の両方があるお話だと書いていらっしゃいます。
    それを読んでから思いました。

    「これが、こうなります」

    そう、ハッキリと決めつける必要はないんじゃないかと。
    「そうか!」と思う驚きであったり
    「あれ?」と思う疑問であったり、
    そういうものを組み合わせた上で、読み手が想像をすることを愉しむ、
    そういうお話なんじゃないかな、そんな気がしてきました。

    ということもあり、「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編の内容を
    一部、変更しました。
    以前に書いたものを読んでいただいた方、
    よろしければ新バージョンもご覧くださいませ。

    紙飛行機ドットコム 「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 はこちらです。
      *ネタバレを多く含みますので、未読の方はご注意ください。


    -------------------------------------------------------  
     
          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      季ララ
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      よしペコ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      季ララ
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      ゆひ
    • 「クリスマスを探偵と」
      季ララ
    • 「クリスマスを探偵と」
      あひろて

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode