「PK」のもうひとつのあとがきを読みました。

0
    伊坂幸太郎さんの「PK」には、伊坂さんご本人によるあとがきが
    本の最後に載っています。
    (単行本も文庫本も同じ内容です)

    それに加えて、
    伊坂幸太郎さんが「もうひとつのあとがき」と題して
    講談社の「IN★POCKET」にエッセイを寄せていらっしゃいます。

     もうひとつのあとがき IN★POCKET

    そこには、こういうことも書かれています。
    ------------------------------------------------------------------------------------------
      もともと、「!」と「?」を掛け合わせたものを目指していたのだから
    ------------------------------------------------------------------------------------------

    文庫本「PK」には、SF評論家の大森望さんが解説を書いていらっしゃいます。
    「正解とはかぎりませんが」とのただし書きもあります。
    伊坂幸太郎さんが「!」と「?」を掛け合わせたものを目指したという作品なのですから
    いくつもの「!」と「?」があるのだと思います。
    読み方に「正解」などなく、それぞれに想像を膨らませながら
    たくさんの「!」や「?」を愉しむのが、「PK」の魅力なのかな、
    なんてことを思いました。

           PK (講談社文庫)
             PK (講談社文庫)

    わたしは、感想等を書き、アップしましたが、
    そこに書いた以外にも、たくさんの「!」や「?」がありました。
    書ききれないことがいっぱいあって、
    結果、アップしたものは、不完全というか、どうも落ち着かないものになっています。
    そこで、書ききれなかった「!」や「?」を、少しずつ、
    このブログに書いていこうかなと思っているところです。

    -------------------------------------------------------  
     
          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      季ララ
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      よしペコ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      季ララ
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      ゆひ
    • 「クリスマスを探偵と」
      季ララ
    • 「クリスマスを探偵と」
      あひろて

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode