映画*ポテチ

0
     

    今日から公開されています、映画「ポテチ」。


    あたしは、なんばパークスシネマへ観に行ってきた。
    よかった!楽しめる映画だった。
    何より、原作を読んでいたあたしにとって、
    期待を裏切らない映画になっていて、すっごくうれしかった。

    映画のパンフレットに書かれている伊坂さんのインタビューによると
    『ポテチ』は、いままでで一番好きな作品のような気がします、とある。

    また、伊坂さんの小説を映画化するのが4作品目という、中村監督は、
    最初に映画化した『アヒルと鴨のコインロッカー』への思い入れが強く、
    今まで、それを超えるものはなかったらしい。
    が、今回の『ポテチ』は、その「アヒルと鴨のコインロッカー」と
    同じくらい好きな作品になったと言う。

    うん、うん。
    ほんと好きになる映画だわ。もう一度見たいよ。

                  『ポテチ』オフィシャルサイト

    ちなみに、この映画は68分という、ちょっと短い映画です。
    小説も、短編だしね。
    その時間の短さのせいなのかどうか、料金が1300円と、少し低いです。
    ぜひ、ぜひ、みなさんにも楽しんでもらいたいです。



    ----------------------------------------------------------------
       以下、映画のネタバレを含みます。
    ----------------------------------------------------------------

    オットと一緒に映画を観にいった。
    なんせ、夫婦50割引きを使えば、ひとり1000円で映画を観ることができるので。
    そのオットは、特に伊坂さんのファンと言うわけではなく、
    伊坂さんの小説も、数冊しか読んでいない。
    そのオットでも、映画は楽しめたようで、「人に薦めたい」と思う映画だったそうだ。

    映画を観る前に、あたしはパンフレットを購入した。
    オットは、それをザッと読んでから映画を観た。

    そのオットが言うには、パンフレットを事前に読んでいたから、
    何となく、ストーリーがわかっていたおかげで、
    今村(濱田 岳)が泣くシーンの意味がわかったけど、
    全く何も知らないで、映画を観ていたら、楽しめていたがどうか微妙だと。

    そうそう、そうなのよね。
    あたしは、原作を読んでいたから、当然、ストーリーの結末を知っているわけで。
    小説を初めて読んだ時も、あの今村が泣くシーンは、
    後になって、(それで号泣したのか)とわかる。

    伊坂さんの小説には、伏線が多く張られている。
    そして、その伏線が回収される時、ページをめくりなおして、
    伏線が張られたシーンを、もう一度読み直すことができる。
    そうして、再確認をして、納得をする楽しみ方がある。

    だけど、映画だとそれができないのよね。
    ビデオじゃないんだから、前に巻き戻すということは不可能でしょ。
    だから、すっごく意味のあるシーンを、
    何となく見過ごしてしまってることに、後になって気がつく。
    すっごくもったいない。

    だったら、事前に原作を読んでから、この映画を観た方がいいんじゃない?
    と、あたしは思うのよね。

    なんせ、あたしなんて、結末を知ってるものだから、
    今村の号泣シーンでは、あたしも涙が出ちゃうわ、
    それを見ている黒澤(大森 南朋)の表情にも、意味があることがわかってるから、
    これまた、切なくて涙が出ちゃうわ、
    お母さん(石田 えり)が、何気なく言っているセリフも聞き逃さないわ、
    と、オット以上に、映画を楽しめたように思う。

    また、黒澤や今村が出てくる、伊坂さんの他の小説からの引用もあったりして。
    伊坂さんお得意の、作品間リンクが、映画でも活かされてる!
    と、伊坂ファンにとっては、そういう楽しみもあった。

    ラストの、野球場のシーン。
    野球場にいる観客が、バッター尾崎を応援する。
    「オ・ザ・キ!」 「オ・ザ・キ!」 と尾崎コールが続く。
    それを観ていると、映画館にいるあたしまでもが、一緒に応援したくなった。
    大声で、尾崎コールをしたくなる。

    ほんとに、ラストはステキで、またまた涙が出ちゃった。

    そして、最後の最後では、クスっと笑わせてもらった。
    うふふ。ナイス!

    この映画には、監督の中村さんも出演している。
    濱田 岳さんが演じる今村の、親分役ということで。
    これが、なかなか面白い!

    そして、そして。もうひとつびっくり!!!!
    映画を観終わって、家に帰り、ネットを見ていた。
    すると、『ポテチ』の舞台挨拶のことがニュースに出ていたので、クリックした。
    そこには、新たな情報があったのよ。

    なんと、竹内 結子さんが、『ポテチ』に通行人としてエキストラ出演してたんだって。
    竹内さんは、『ゴールデンスランバー』でヒロインを演じた女優さんだものね。
    伊坂作品の映画に、またまた出演してくれたんだー。
    でも、当然、あたしは見逃してます。

    あー、もう一度みたい!
    今度は、竹内 結子探しもしてみたい!


    伊坂さんのファンの方は、絶対!
    今まで伊坂さんの小説を読んだことがない方は、読んでから!
    読むのが苦手な方は、パンフレットに目を通してから!
    とにかく文字が苦手という方は、いきなり!

    もう一度見たくなる映画です。おススメ!

           フィッシュストーリー (新潮文庫)
    フィッシュストーリー (新潮文庫)
    『ポテチ』は、『フィッシュストーリー』の本に収められています。

    ----------------------------------------------------------------

       紙飛行機ドットコム

       伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

       伊坂 幸太郎さんの本を読む 「ポテチ」 

    ----------------------------------------------------------------




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「サブマリン」を読みました<4回目>
      季ララ
    • 「サブマリン」を読みました<4回目>
      あひろて
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      季ララ
    • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
      よしペコ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      季ララ
    • 「重力ピエロ」の衝撃
      あひろて
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      季ララ
    • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
      ゆひ

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode