「アイネクライネナハトムジーク」サイン本

0

    タカラモノがひとつ増えました。

    「アイネクライネナハトムジーク」文庫本。

    今日、伊坂幸太郎さんのサイン本を買うことができました。

     

    伊坂幸太郎様、ありがとうございました。

     

    レジでお店の方に「サイン本ですね」と声をかけてもらえたので

    「はい、伊坂さんの大ファンなんです。うれしいです」と答えました。

    「そうおっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。

     伊坂さんのファンの方は多いです。」

    と言って、お店の方もわたしの笑顔に応えてくださいました。

     

    紀伊国屋書店様、ありがとうございました。

     

    大事にします。アイネクライネナハトムジーク

     

       

        (幻冬舎文庫)

     

     

    -----------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------

     

     


    「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です

    0

      アイネクライネナハトムジーク 」の文庫本が発売になりました。

       

            

       

      本屋さんに行ったら、「AX アックス」と「アイネクライネナハトムジーク(文庫)」が

      並べて置いてありました。

      わくわくします。にんまりします。本をなでなでしたくなります。

      我が家の本棚にも、また1冊、伊坂さんの本が増えて、うれしいです。

       

       

      -----------------------------------------------------------  

            紙飛行機ドットコム

        伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

      ---------------------------------------------------------- 


      通帳記帳と「ドクメンタ」

      0

        同じ職場で働くひとりの男性が言いました。

        「通帳記帳なんてしたことがない」

        「えっ、そうなの?ネットで確認するから、記帳しないの?」

        「いいえ。何も確認しません」

         

        わたしは、こまめに記帳する派です。

        記帳をしないと、何となく落ち着きません。

        でも、そういうことは、あまり気にならない人もいるのですよね。

         

        「記帳する人って多いんですか?」と彼が訊いてきます。

        「記帳する派のわたしからすると、

         記帳しない人の方が少ないと思うんですけど。どうでしょう。」

        「えっ、そうなんですか。皆、記帳するものなんですか」と驚かれます。

         

        横から、別の男性が言います。

        「こまめに記帳するかどうかは別にして、

         一切、記帳をしないという人は少ないと思う」

         

        うん、うん。わたしもそう思います。

         

        そんな会話をしながら、わたしの頭の中は別のことを思い出していましした。

        アイネクライネナハトムジーク」の中にある「ドクメンタ」です。

        わたしは、記帳をしたことがないという彼に、

        「ぜひ記帳を!」と勧めたくなりました。

        そこには、もしかしたら愛のメッセージが記帳されているかもしれませんもの。

        うふふふふ。

         

         

          

         

        やっぱり「アイネクライネナハトムジーク」はいいなあ。

        わたしの好きなお話です。

        恋愛つながりで、次は「バイバイ、ブラックバード を読みたくなりました。

         

          

         

         

        ------------------------------------------------------------  

              紙飛行機ドットコム

             伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

        -----------------------------------------------------------  

         

         


        バレンタインデーは恋の話を読みたくなる

        0

          2月14日はバレンタインデー。

          恋のお話を読みたくなって「アイネクライネナハトムジーク」を読みました。

          今日は六編のうち、二編しか読めていないんだけど。

          もう、すでにうれしくて。

          ニヤニヤしてしまいます。

           

          やっぱり、いいなぁ。伊坂さん。

          明日、続きを読みます。

           

            

           

           

          ------------------------------------------------------------  

                紙飛行機ドットコム

               伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

          -----------------------------------------------------------  


          「メイクアップ」のラストについて

          0
            伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」

                     アイネクライネナハトムジーク
            アイネクライネナハトムジーク

            この中に収められている「メイクアップ」のラストについて。
            「一勝一敗」はどう解釈するか。
            この話は回収されているのか?
            そのような質問を受けました。

            そうですよね。
            この話のラストは、すっごく気になる終わり方ですよね。
            「メイクアップ」は、「アイネクライネナハトムジーク」に収められる前に、
            papyrus(パピルス)2014年2月号に掲載されています。
            その時に読んだ、わたしの感想はこちらです

            はい、やっぱり、終わりがすごく気になっていますね。
            うふふふ。

            「アイネクライネナハトムジーク」に収められる際、
            一部、名前の変更がありました。
            窪田結衣の上司の女性、山田さんですが、
            「papyrus(パピルス)」では篠崎さんです。
            これは、他の話と関連づけるための変更だと思うのですが、
            その他の変更というか、追加された部分は、
            この山田さんに関する部分だけだと思います。
            ラストにも変更がなく、同じ終わり方ですね。
            だから・・・。多分。
            他の話で、このラストが変更されているということはないと思うのです。

            わたしの想像ですが。
            小久保亜季が、辻井さんとどうなったかとか、プレゼンはどうなったとか
            そういう話は、どこにも書かれていなくて
            読者の想像におまかせします、という余韻を楽しむ終わり方なのじゃないかと。
            このように考えています。

            じゃあ、わたしの想像はどうなのか・・・ということになりますと。
            わたしは、ハッピーエンドが好きなんですよね。
            救いのない話は、あまり好みではありません。
            というわたしの想像、いえ希望を書きます。

            「一勝一敗」
            --------------------------------------------------------------
             果たして、どちらの一勝一敗が良いことなのか、
             しかも誰にとって良いことなのか、
             わたしは判断がつかない。
            ---------------------------------------------------------------
            と、書かれている通り、「一勝一敗」は誰の何を指すのかわかりません。
            では、こういう「一勝一敗」はどうでしょうか。

            1.久保田亜季の一勝一敗
              (1)一勝
                  プレゼンに成功して、一勝。
              (2)一敗
                  小久保亜季と、窪田結衣と、野球部の男子の関係で言えば
                  窪田結衣と野球部男子が、後に結婚をしたのだから、
                  久保田亜季の一敗。
             
              
            2.窪田結衣の一勝一敗
              (1)一勝 
                  野球部男子と結婚したので一勝。
              (2)一敗
                  高校のときにいじめられていた復讐ができないので一敗。

            --------------------------------------------------------------
             実に驚くべきことに、そのどちらかのパターンが
             現実のもとのなるのだが。
            -------------------------------------------------------------
             とありますが、そのどちらかのパターンとは
            1.小久保亜季は、辻井とうまくいって、プレゼンは落ちる。
            2.小久保亜季は、辻井とはうまくいかず、プレゼンは成功する。
            のどちらかですね。

            わたしは、後者のプレゼンに成功するパターンだと思うんですよね。

            窪田結衣と野球部男子が結婚できたのもハッピーだし。
            久保田亜季がプレゼンに成功するのもハッピー。
            これは両者ともに一勝ですよね。

            一敗の話ですが。
            久保田亜季が辻井とうまくいかないことは、
            亜季が敗者のようではあるけれど、
            辻井は、結婚詐欺師のような男なので、
            まだ、大きく騙される前の、この時点でうまくいかないということは、
            実はハッピーなのかもしれません。

            窪田結衣の一敗の話も。
            復讐ができなかったことは、敗者になるのかもしれないけど、
            「人の不幸を望んではいけない」と自分自身をたしなめる結衣ですから
            もし、復讐をしてしまったら、後悔の念にかられるかもしれません。
            復讐を実行しない方がハッピーなのかもしれません。

            つまり、一勝一敗のようで
            実は、ふたりとも敗者ではないということでハッピーエンドのお話でした。
            ということでいかがでしょうか。


            ------------------------------------------------------------  

                  紙飛行機ドットコム

                 伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

            ------------------------------------------------------------

             

            「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました

            0
              「アイネクライネナハトムジーク」
              登場人物の相関図を作成し、アップしています。
              それを見ていただいた方より、きのう、コメントをいただきました。
              わたしが気がついていなかったことを教えてくださったのです。

              もう一度、その部分を読んでみると・・・・。
              ホントだー!つながってるーーーーー!
              うれしくなっちゃいました。
              またひとつ、つながりが増えました。

              登場人物相関図は、その部分を修正しました。

              皆さま、お気づきの点がございましたら、
              お気軽にコメントをくださいませ。

              「アイネクライネナハトムジーク 登場人物相関図」はこちらです。



              -------------------------------------------------------  
               
                    紙飛行機ドットコム

                伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

              ------------------------------------------------------------

              「anan」伊坂幸太郎さんのインタビュー

              0
                雑誌「anan」に、伊坂幸太郎さんのインタビューが掲載されていたので読みました。

                「アイネクライネナハトムジーク」に関してのインタビューです。
                それに関連して「好きな恋愛本は?」との質問に答えていらっしゃいました。
                漫画喫茶で読んだらおもしろくて、ご自身でも購入したというコミックでした。
                わたしは、コミックに疎いので、読んだことがなくて。
                どんなお話なんでしょう。
                気になります。

                    潔く柔く 全13巻完結セット
                      潔く柔く 全13巻完結セット




                -------------------------------------------------------  
                 
                      紙飛行機ドットコム

                  伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                ------------------------------------------------------------

                「ダ・ヴィンチ」のインタビューを読みました

                0
                  きのう、伊坂幸太郎さんへ手紙を書きました。
                  いわゆるファンレターです。

                  今朝、その手紙を駅前のポストに投函し、すぐに電車に乗りました。
                  そして、着いた駅の構内にある書店に寄って、
                  今日発売の雑誌ダ・ヴィンチ 2014年 11月号 を買いました。
                  表紙を見ると、今月号の特集は「ムーミン」のようでしたけど、
                  あるある!伊坂さんのインタビューも。
                  これを期待していました。
                  「アイネクライネナハトムジーク」に関するインタービューです。

                  恋愛小説のこととか、
                  短編小説のこととか、
                  お話してくださっています。

                  恋愛小説に関してのお話の方は、
                  へーっ、そんな風に思っていた時期があったんですね、と
                  興味深いお話を読むことができました。

                    ダ・ヴィンチ 2014年 11月号
                   ダ・ヴィンチ 2014年 11月号



                  -------------------------------------------------------  
                   
                        紙飛行機ドットコム

                    伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                  ------------------------------------------------------------

                  「日経エンタテイメント」に伊坂さんのインタビューページ

                  0
                    10月4日発売の日経エンタテインメント! 2014年11月号を読みました。
                    P112に伊坂幸太郎さんのインタビューページがあります。
                    『異例づくしなのに伊坂幸太郎らしさ満載の短編集』

                    このインタビューにもあるけれど、
                    伊坂さんは、よく「短編は苦手」とおっしゃっています。
                    読み手側のわたしは、短編も長編も、どちらも好きで
                    どこに伊坂さんの苦手意識があるのか、よくわかりませんが。

                    短編が、雑誌に掲載されることはよくあります。
                    「アイネクライネナハトムジーク」もそうですが、
                    過去に雑誌掲載された短編をまとめて単行本にするという場合、
                    加筆修正や、新たな書きおろしをプラスして、全部をつなげるという形、
                    これは、伊坂幸太郎さんはお得意なのではないかしら、と思います。

                    (リンク先にはネタバレがありますのでご注意ください)
                    首折り男のための協奏曲
                    残り全部バケーション
                    PK

                    これらが、その形ですね。
                    そうそう、そういえば「PK」は、来月に文庫化されるようです。


                    この日経エンタテイメントのインタビューページのタイトルにある
                    「伊坂幸太郎らしさ満載」というのは、
                    短編をつなげて、ひとつのお話にするという形ことなのかな、と思いました。

                    このインタービューの最後に伊坂さんがおっしゃっています。

                    -------------------------------------------------------------------------
                     (「アイネクライネナハトムジーク」は)けっこう自信をもって
                     『どうですか』と言える作品ができあがりました。
                    -------------------------------------------------------------------------

                    もし伊坂さんに「どうですか」と訊ねられるようなことがあれば
                    「はい、とてもおもしろかったです。大満足です。大好きです」と答えますね。
                    そして、伊坂幸太郎様、ありがとうございました。


                            日経エンタテインメント! 2014年11月号
                    日経エンタテインメント! 2014年11月号


                        アイネクライネナハトムジーク
                     アイネクライネナハトムジーク


                    -------------------------------------------------------  
                     
                          紙飛行機ドットコム

                      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                    ------------------------------------------------------------

                    「アイネクライネナハトムジーク」感想【大丈夫編】

                    0
                      伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」を読みました。
                      (以下、ネタバレを含みますのでご注意ください)

                      この本のキーワードは「出会い」だと思います。
                      6編の短編のどれもが、素敵な出会いのお話になっています。
                      その「出会い」の次に、キーワードとなるのが「大丈夫」じゃないかなと思いました。

                      最後の「ナハトムジーク」での「大丈夫」の話が印象的でした。
                      小学校の低学年から急に耳が聞こえなくなった、男子中学生と
                      その姉の女子高校生は、手話を使って会話をします。

                      右手で自らの左肩あたりを触り、その後で右肩を叩きます。
                      これが「大丈夫」という意味だそうです。
                      「大丈夫?」という疑問形にする場合も、この動作は同じで、
                      表情や首を傾げることによって、表現するそうです。

                      この中学生と高校生のきょうだいに出会った小野学が
                      後のボクシングの試合で、この「大丈夫」の手話を見ることになるのです。
                      感動的なシーンでした。

                      言葉で「大丈夫か?」 「はい、大丈夫です」と会話をするのではなく、
                      お互いに、手話で・・・。
                      それは、まるでサインのように。
                      「ガンバレ!」と応援をする気持ちだったり、
                      「ここでおしまいではないだろう」という励ましだったり、
                      「よし、まだやれるぞ」という答えだったりね。

                      最後の6編目で、「大丈夫」の話を読んでから、
                      この「大丈夫」は、前の5編にも通じるキーワードだなぁって感じました。

                      サーバーが壊れても、
                      気になる相手からの電話がぷっつり途絶えても、
                      離婚しても、
                      恋人と別れても、
                      自分をいじめていた相手と再会しても。

                      それでも大丈夫。

                      大丈夫。
                      大丈夫。
                      大丈夫。

                      ずっと唱えていたい言葉です。

                          アイネクライネナハトムジーク
                       アイネクライネナハトムジーク


                      -------------------------------------------------------  
                       
                            紙飛行機ドットコム

                        伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                      ------------------------------------------------------------


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「サブマリン」を読みました<4回目>
                        季ララ
                      • 「サブマリン」を読みました<4回目>
                        あひろて
                      • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
                        季ララ
                      • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
                        よしペコ
                      • 「重力ピエロ」の衝撃
                        季ララ
                      • 「重力ピエロ」の衝撃
                        あひろて
                      • 「重力ピエロ」の衝撃
                        季ララ
                      • 「重力ピエロ」の衝撃
                        あひろて
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
                        季ララ
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
                        ゆひ

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode