ドラマ「バイバイ、ブラックバード」

0

    きのうは、ドラマ「バイバイ、ブラックバード」の最終回でした。

    毎週、土曜日が来るのが楽しみだった6回のドラマ。

     

    原作に忠実なところがうれしくて。

    「待ってました、そのセリフ!」

    「それを聞きたくて見ていました」

    というような気持ちがいっぱいでした。

     

    最終回も、原作通りに終わりましたね。

    小説「バイバイ、ブラックバード」を、もう一度、読みたいです。

     

       

     

    -----------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------


    「アイネクライネナハトムジーク」映画化

    0

      WOWOWドラマ「バイバイ、ブラックバード」

      毎週、土曜日が楽しみです。

      全6回なので、あと2回ですね。

      セリフが、結構、原作そのままなのでうれしいです。

       

      さて、ドラマを楽しんでいるところへ、

      映画化の情報も聞こえてきました。

      うれしいですねえ。

      「アイネクライネナハトムジーク」が映画化されるのだそうです。

      あれだけたくさんの登場人物がいる小説をどうやって映画にする?

      見たいですーーーー!

      すごく楽しみです。

       

      クランクインは4月、オール仙台ロケで撮影、2018年冬に公開、

      ということです。

       

      映画ナタリー

      映画.com

      毎日新聞

       

       

      3/15 追記 映画の公式サイトはこちらです。

      映画「アイネクライネナハトムジーク」公式サイト

       

       

       

      -----------------------------------------------------------  

            紙飛行機ドットコム

        伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

      ------------------------------------------------------------


      AERA(アエラ)対談 「バイバイ、ブラックバード」

      0

        近所の本屋さんには、「映像化」の棚があります。

        ドラマや映画などの原作本が並んでいるのです。

        少し前より、その棚のトップに並ぶようになりました。

        伊坂幸太郎さんの「バイバイ、ブラックバード」です。

         

        そして、1月29日発売の「AERA (アエラ) 2018年 2/5 号には、

        伊坂幸太郎さんと、高良健吾さんとの対談が載っています。

        高良健吾さんは、「バイバイ、ブラックバード」の

        星野一彦を演じていらっしゃいます。

         

        台詞のこととか、余白のこととか、

        お二人の思いが一致しているようです。

        ますます、ドラマが楽しみになってきました。

         

           

         

        -----------------------------------------------------------  

              紙飛行機ドットコム

          伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

        ------------------------------------------------------------


        映画「グラスホッパー」公開記念対談を読みました

        0
          ダ・ヴィンチ 2015年12月号を読みました。

            ダ・ヴィンチ 2015年12月号

          映画『グラスホッパー』公開記念対談
          生田斗真 × 伊坂幸太郎

          というインタビューページが4ページにわたって掲載されています。
          11月7日から映画公開ですものね。

          小説にはない、映画ならではのシーンもあるそうで。
          伊坂さんは、そこがこの映画の一番のポイントだとおっしゃっています。

          だけど、この映画って怖そうですよね。
          怖がりのわたしは観ることができるかなぁ。


          ----------------------------------------------------------  

                紙飛行機ドットコム

               伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

          ------------------------------------------------------------

          映画「グラスホッパー」の新聞広告

          0


            2015年10月31日の朝日新聞夕刊に映画「グラスホッパー」の一面広告が載っていました。
            伊坂幸太郎さんと生田斗真さんと瀧本智行監督により鼎談です。
            もうすぐ映画が公開されますね。
            11月7日(土)から公開なので、あと1週間です。
                          
              

            小説と映画。
            小説「グラスホッパー」が映画ではどんな風に描かれているのでしょう。
            気になります。


            ----------------------------------------------------------  

                  紙飛行機ドットコム

                 伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

            ------------------------------------------------------------

             

            映画「フィッシュストーリー」をテレビで見ました

            0
              映画「フィッシュストーリー」を2009年に映画館で見て以来、
              DVDなどで見るということは一度もなくて、
              10月6日にテレビで見たのが2度目です。
              6年間というブランクはあるものの、
              原作を読んでいるせいか、ストーリーは覚えていました。
              でも、登場人物は、すべての人を記憶しているということはなく、
              6年ぶりに見た今回、あら、こんなところにこんな人が!と
              ちょっとびっくりしました。

              ロックバンド逆鱗のドラムの鉄矢さん。
              この人って、映画「ゴールデンスランバー」で
              宅配便トラック運転手の岩崎さんを演じてた人ですよね?
              何ごとも「ロック」に結びつけちゃう人。
              その岩崎さんが、「フィッシュストーリー」では
              ロックバンドのドラマーだなんて、いいねぇ。
              ロックだねぇ。渋川清彦さん。

              それから、もっとびっくりはレイプ犯です。
              暗闇で犯行を犯しているとき、いきなりライトを照らされて、
              犯人の顔がくっきりと浮かび上がりました。

              あっ、整形後の青柳くん!
              びっくりしたよ〜。
              映画「ゴールデンスランバー」で、
              青柳雅春の整形後を演じた滝藤賢一さんじゃないですかぁ。

              青柳君のお父さんは痴漢が一番許せないという正義感の持ち主で、
              青柳雅春は、小学生の書き初めで「痴漢は死ね」と父に書かされた、
              というエピソードがあるくらいなのに。
              その青柳君がレイプ犯だなんて〜。

              びっくりしました。


              ----------------------------------------------------------  

                    紙飛行機ドットコム

                   伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

              ------------------------------------------------------------

              テレビで映画「フィッシュストーリー」を見ました

              0
                テレビで映画「フィッシュストーリー」を見ました。

                映画は2009年に公開されました。
                その時、わたしは、娘と一緒に見に行きました。
                この映画を見たことのないオットが、テレビでの放送が始まる前に訊くんですよ。
                「この映画、誰が主役なん?」

                主役・・・ねぇ。
                みんなが主役に思えて、答えに迷ったわたしは言いました。

                「正義の味方が主役」

                映画を見ればわかるって。
                うふふふ。
                いいですよねぇ、この映画。
                大好きです。

                   フィッシュストーリー [DVD]
                フィッシュストーリー [DVD]


                映画を見た後、もう一度、原作をを読みたくなりました。
                「フィッシュストーリー」と「終末のフール」を。

                   フィッシュストーリー  終末のフール

                正義の味方はカッコよかったなあ。

                ----------------------------------------------------------  

                      紙飛行機ドットコム

                     伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                ------------------------------------------------------------

                映画「グラスホッパー」

                0
                  「グラスホッパー」の映画の公開も、近づいてきましたね。
                  11月7日から公開です。

                  公式サイトはこちらです。映画「グラスホッパー」

                  殺し屋が出てくるお話だからねぇ。
                  何だか、ちょっと怖そうなんだけど、
                  怖がりのわたしは見ることができるかなぁ。

                  脱出キャンペーン」というゲームのようなサイトもあります。
                  ただ今、挑戦中のわたしです。
                  伊坂幸太郎さんのサイン本が当たるかもしれない・・・と期待して。

                  グラスホッパー
                  グラスホッパー


                  ----------------------------------------------------------  

                        紙飛行機ドットコム

                       伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                  ------------------------------------------------------------

                  「グラスホッパー」主演は生田斗真さん

                  0
                    伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」の映画化が決定しました。
                    公開は、2015年秋のようです。

                    主演は、生田斗真さん。
                    鈴木先生を演じるうようですね。
                    その他の出演者さんも気になるところです。

                        グラスホッパー
                          グラスホッパー

                      
                    グラスホッパーの感想・あらすじ・好きな言葉・作品間リンクはこちらです

                    -----------------------------------------------------------

                          紙飛行機ドットコム

                      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                    ------------------------------------------------------------



                    映画「オー!ファーザー」を観ました

                    0
                      今日は、映画「オー!ファーザー」を観に行ってきました。

                        

                      わたしが行ったのは、梅田ロフトの地下にある「テアトル梅田」です。
                      映画館に「マンガで読む オー!ファーザー」という
                      フリーペーパーが置いてあったので、いただきました。
                      その中に、伊坂幸太郎さんのインタビューが載っていました。

                        

                      「観終わった後で、もう一回観たくなりました」という見出しのインタビューページです。
                      わたしは、映画を観る前に、そのインタビューを読んだのですが、
                      その中に、注目発言を発見しました!

                      --------------------------------------------------------------------------------
                        伏線の繋がり方が原作より綺麗で、”僕もそうれば良かった!”
                        と勉強になりました(笑)
                      ---------------------------------------------------------------------------------

                      とあるじゃないですか。
                      これは気になりますよー。
                      映画では、原作とは違う部分があるということですね。



                      映画を観終わって。
                      はい!なるほど!
                      伊坂幸太郎さんに「僕もそうすれば良かった!」と言わせた部分。
                      よかったです〜。よかったです〜

                      その他にも、原作を読んでいるからこそ、
                      あのシーンが、こう描かれるのかという楽しみがいっぱいありました。
                      うん、うん!伊坂さんのお話だー!と思う部分がたくさんです。

                      でも、あの人は・・・・あのシーンは・・・・欲しかったなぁ、
                      という残念がる思いがあるのは、
                      原作を読んでいる者ならではの感想でしょうね。
                      映画は、時間の制限がありますものね。
                      原作からカットされたり、変更になったりの部分があっても仕方ないですね。
                      逆に、伊坂さんが楽しんでいらっしゃたように
                      新しく加えられた伏線とその回収劇もある、映画「オー!ファーザー」です。

                      皆さまもぜひ、映画館までお出かけくださいませ。


                      -------------------------------------------------------  
                       
                            紙飛行機ドットコム

                        伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                      ------------------------------------------------------------


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 文庫本「死神の浮力」を読みました
                        季ララ
                      • 文庫本「死神の浮力」を読みました
                        あひろて
                      • 「陽気なギャング」シリーズを読みました
                        季ララ
                      • 「陽気なギャング」シリーズを読みました
                        あひろて
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        季ララ
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        古竜
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        季ララ
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        古竜
                      • メリークリスマス!
                        季ララ
                      • メリークリスマス!
                        あひろて

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode