文庫本「PK」を読んでから

0
    文庫本「PK」が出てから、何度も読みました。

           PK (講談社文庫)
             PK (講談社文庫)

    単行本「PK」が出たのは2012年3月でした。
    その時も、結構、何度も繰り返し読んだのですが、
    わたしの中のもやもやが、完全に消えることがなく、
    「伊坂幸太郎さんの本を読む」のページに、
    あらすじや感想を書くのがどうもうまく書けなくて。
    自分自身、納得のいくページには仕上がっていませんでした。

    文庫本「PK」が出るとわかってから、
    文庫本が出る前に、もう一度単行本を読んでおきたくなりました。
    最初に読んだときから2年半が経っています。
    見えていなかった言葉が見えてきたように感じました。

    あっ・・・。もしかして、これって、そういうこと?

    そういう言葉がいくつか見つかって、もやもやが晴れてくる気配を感じました。
    そして、文庫本が出ました。
    そこには大森望さんの解説も載っていて、それを読ませてもらうと、
    徐々にもやもやが薄くなっていきました。

    と、同時に別の謎が出てきました。
    今まで、読みこみが足らなかったせいで、
    全く気にも留めていなかった言葉が、妙に引っかかってきて。
    それを整理するような思いで、ここのブログに「もうひとつの感想」を書きました。

    伊坂幸太郎さんが、「もうひとつのあとがき」に
    この「PK」は「!」と「?」の両方があるお話だと書いていらっしゃいます。
    それを読んでから思いました。

    「これが、こうなります」

    そう、ハッキリと決めつける必要はないんじゃないかと。
    「そうか!」と思う驚きであったり
    「あれ?」と思う疑問であったり、
    そういうものを組み合わせた上で、読み手が想像をすることを愉しむ、
    そういうお話なんじゃないかな、そんな気がしてきました。

    ということもあり、「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編の内容を
    一部、変更しました。
    以前に書いたものを読んでいただいた方、
    よろしければ新バージョンもご覧くださいませ。

    紙飛行機ドットコム 「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 はこちらです。
      *ネタバレを多く含みますので、未読の方はご注意ください。


    -------------------------------------------------------  
     
          紙飛行機ドットコム

      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------

    「PK」のもうひとつのあとがきを読みました。

    0
      伊坂幸太郎さんの「PK」には、伊坂さんご本人によるあとがきが
      本の最後に載っています。
      (単行本も文庫本も同じ内容です)

      それに加えて、
      伊坂幸太郎さんが「もうひとつのあとがき」と題して
      講談社の「IN★POCKET」にエッセイを寄せていらっしゃいます。

       もうひとつのあとがき IN★POCKET

      そこには、こういうことも書かれています。
      ------------------------------------------------------------------------------------------
        もともと、「!」と「?」を掛け合わせたものを目指していたのだから
      ------------------------------------------------------------------------------------------

      文庫本「PK」には、SF評論家の大森望さんが解説を書いていらっしゃいます。
      「正解とはかぎりませんが」とのただし書きもあります。
      伊坂幸太郎さんが「!」と「?」を掛け合わせたものを目指したという作品なのですから
      いくつもの「!」と「?」があるのだと思います。
      読み方に「正解」などなく、それぞれに想像を膨らませながら
      たくさんの「!」や「?」を愉しむのが、「PK」の魅力なのかな、
      なんてことを思いました。

             PK (講談社文庫)
               PK (講談社文庫)

      わたしは、感想等を書き、アップしましたが、
      そこに書いた以外にも、たくさんの「!」や「?」がありました。
      書ききれないことがいっぱいあって、
      結果、アップしたものは、不完全というか、どうも落ち着かないものになっています。
      そこで、書ききれなかった「!」や「?」を、少しずつ、
      このブログに書いていこうかなと思っているところです。

      -------------------------------------------------------  
       
            紙飛行機ドットコム

        伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

      ------------------------------------------------------------

      「PK」もうひとつの感想(1)本田毬夫について

      0
        文庫本「PK」を読みました。
        その感想等を 紙飛行機ドットコム「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 に書きましたが、
        そこに書ききれなかったことを、少しずつ書いていこうと思います。
          *ネタバレを含みますのでご注意ください

               PK (講談社文庫)
                 PK (講談社文庫)


        ◆ 第1回 本田毬夫について ◆

        「密使」より

        未来の世界には、耐性菌の蔓延を防ぐために、
        過去に行って、時間の流れを変化させようとするグループが二つあります。
        仮に名前をつけるとするならば「飛脚グループ」と「宅配便トラックグループ」です。

        「飛脚グループ」は、過去に密使を派遣することを計画しています。
        そして、それによって副作用がおきると。
        その副作用が「私」に死を求めることでした。
        そして、この「私」は、たぶん、本田毬夫のことです。

        一方の「宅配便トラックグループ」は、過去に存在した1匹の昆虫を確保しようとしています。
        その任務を「僕」に求めます。
        自分たちと「飛脚グループ」とは、目的は同じだけど、
        その方法において、自分たちの方がスマートで被害が少ないと言っています。
        つまり、本田毬夫が死ぬことを求めてはいないのです。

        これらから想像を膨らませます。

        「PK」と「超人」において。
        本田毬夫は、幼児のときにマンションのベランダから落ちます。

        この事故は、実は「飛脚グループ」の計画の一環なのでは?
        なぜなら「飛脚グループ」の計画は、
        「密使の派遣」と「本田の死」というふたつがセットだから。

        ところが「宅配便トラックグループ」はスマートなので、本田の死を望んでいません。
        そこで、時間スリを派遣したのです。

        文庫本 P80  
        ---------------------------------------------------------------------------
         数秒にも満たない時間だったかもしれないが、
         ひどくゆっくりと幼児が落ちてくる。
        ---------------------------------------------------------------------------

        数秒が「ひどくゆっくり」とあるのは、時間スリのせい?
        その時間スリのおかげで、そばにいた大臣が駆け寄り、
        幼児の本田毬夫を抱きとめ助けることができた?
        本田毬夫の命は救われました。

        同様に「超人」でも、本田毬夫は命が危ない場面に遭遇しながらも助かっています。
        例えば、「誰でも良いから人を殺したかった」という人間に拳銃を突きつけられたとき。
        あるいは、レストランの外で暴漢に襲われたとき。

        本田毬夫は、常に「飛脚グループ」からは命を狙われ、
        「宅配便トラックグループ」に助けられているのか?

        そんなことを考えました。

        -------------------------------------------------------  
         
              紙飛行機ドットコム

          伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

        ------------------------------------------------------------

        「PK」もうひとつの感想(2)小津について

        0
          文庫本「PK」を読みました。
          その感想等を 紙飛行機ドットコム「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 に書きましたが、
          そこに書ききれなかったことを、少しずつ書いていこうと思います。
            *ネタバレを含みますのでご注意ください

                 PK (講談社文庫)
                   PK (講談社文庫)


          ◆ 第2回 小津について ◆

          「密使」より  文庫本P210
          ------------------------------------------------------------------------
           「我々が送り込んだ密使により、世界の流れが変化します。
           「良い変化」と「悪い変化」、それから「絶望的変化」です。  
          -----------------------------------------------------------------------

          この「良い変化」と「悪い変化」では、例えとして
          「ワールドカップやオリンピックの開催地が変わる」ことがあげられています。
          開催地が変わることは「悪い変化」かもしれないけど、
          ホームの人にとっては「良い変化」となります。


          これらから想像を膨らませました。

          「PK」では、ゴキブリが出現したので、妻に浮気がばれなかった。
          ということは「飛脚グループ」が密使派遣に成功したことになります。
          となると「良い変化」「悪い変化」が起きてしまいます。
          そこで「飛脚グループ」は、その変化を最小限に食い止めるために行動を起しました。

          2002年サッカーワールドカップは日韓の共同開催に決定しました。
          それが、密使派遣成功のために「良い変化」「悪い変化」が起きて
          「PK」の世界では、フランスで開催されるように変化していたのです。
          「飛脚グループ」は、それを事実に戻すために、
          あるいは、事実に近づけるために小津に接近しました。
          つまり、サッカーのワールドカップの開催地を変更させるために、
          (日韓共同開催の事実に戻すために)
          小津にPKを失敗するように求めたのです。

          ところが、スマートな「宅配便トラックグループ」は、
          そのような、信念を曲げさせることを望んでいません。
          そこで、時間スリを派遣します。

          「PK」  文庫本P78
          ------------------------------------------------------------------------------
           揺れていた芝が止まり、波打っていたグラウンドの揺れがおさまる。
          ------------------------------------------------------------------------------

          まるで時間が止まったかのような表現があります。
          これが時間スリのおかげなのではないでしょうか
          そのため、小津は宇野と会話をする時間が生まれます。
          そして、小津は自分の信念を貫くのです。
          PKの成功です。

          サッカーのワールドカップは、フランスで開催されました。




          修正を促される小説家についても、同様に想像を膨らませました。
          作家の書く小説を修正させることによって、変化をもたらそうと計画した「飛脚グループ」と
          それを望まない、スマートな「宅配便トラックグループ」がいたとしたら。
          作家のもとに、時間スリが派遣されることになります。

          「PK」  文庫本P54〜P55
          --------------------------------------------------------------------------------
           作家は、そっと二階の子供部屋に入った。
           夜が深くなり、日付が変わった時間帯だ。
           ・・・・・(中略)
           部屋に妻が来た。
          --------------------------------------------------------------------------------

          「密使」によると、時間スリによって作られた時間を使うのは
          日付の変わる時間帯に行われることが多いです。
          ということは、作家の部屋に妻が来た時間は、時間スリによって作られた時間です。
          その時間に、作家は妻の幻を見るのです。
          そして妻の話から、作家は主義を曲げないと決意したのではないでしょうか。



          そういう想像をしてみました。
                    第3回へ続く

          -------------------------------------------------------  
           
                紙飛行機ドットコム

            伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

          ------------------------------------------------------------

          「PK」もうひとつの感想(3)噂の超能力者について

          0
            文庫本「PK」を読みました。
            その感想等を 紙飛行機ドットコム「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 に書きましたが、
            そこに書ききれなかったことを、少しずつ書いていこうと思います。

            また、伊坂幸太郎さんは IN★POCKETにエッセイを寄せていらして 
            「PK」は「!」と「?」を掛け合わせたものだとおっしゃっています。
            その「!」と「?」を楽しみたくて、わたしなりに想像を膨らませました。
            そのお話を書きたいと思います。

             *ネタバレを含みますのでご注意ください

                   PK (講談社文庫)
                     PK (講談社文庫)


            ◆ 第3回 噂の超能力者について ◆

            「第2回 小津について」に書いた「良い変化」と「悪い変化」の続きです。

            「良い変化」と「悪い変化」では、
            ある人にとっては良いことでも、別の人にとっては悪いことでもある、
            そのような変化の例として、ワールドカップの開催地が変わることをあげています。

            「PK」  文庫本P32
            居酒屋での男女の会話のシーンで噂の超能力者の話題になります。
            -----------------------------------------------------------------------------------------
             「殺人を防止するために、殺人を犯す、って何だか妙だなあ」
             「でも、その人が殺しているのは、悪い奴ばっかりなんだからさ、
              正義の味方と言えなくもないでしょ。
              なのに、傍目から見れば、ただの連続殺人犯にしか見えないわけ。
              まだ、事件が起きる前なんだからね。」
            ----------------------------------------------------------------------------------------

            「良い」と「悪い」の境目が難しいという話です。
            この男女が話している噂の超能力者は、
            「超人」に出てくる本田青年と思われますが、
            その本田青年は、殺人事件の予知メールを受け取るのです。
            ところが、日付が変わるころになると、
            なぜか、その殺人予知メールは、
            サッカーの試合結果が書かれたメールに戻るのです。


            さて、ここからはわたしの膨らませた想像の話です。

            本田青年に殺人予知メールを送ったのは、「飛脚グループ」なのではないでしょうか。

            <第1回 本田毬夫について>にも書いた通り、
            飛脚グループは本田青年の「死」を絶望的な変化として望んでいました。
            殺人予知メールを送ることによって、本田青年が、殺人犯と遭遇することになり、
            それが、彼の死へとつながると考えたのかもしれません。
            実際、彼は、予知メールを読んで、殺人を犯そうとする人間に会いに行き、
            拳銃で撃たれそうになり、死にかけています。

            そして、時間スリを擁する「宅配便トラックグループ」。
            彼らは「密使」では、記憶媒体カードを用いているシーンがあるので、
            その類の知識が豊富なのだと思います。
            時間スリに手伝ってもらって、日付が変わる時間帯に
            本田青年の受け取った、殺人予知メールを操作して、
            本来のサッカーの試合結果メールに戻したのではないでしょうか。

            ふたつのグループの攻防です。

            時間スリの話は、第4回へ続きます。


            -------------------------------------------------------  
             
                  紙飛行機ドットコム

              伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

            ------------------------------------------------------------

            「PK」もうひとつの感想(4)時間スリについて

            0
              文庫本「PK」を読みました。
              その感想等を 紙飛行機ドットコム「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 に書きましたが、
              そこに書ききれなかったことを、少しずつ書いていこうと思います。

              また、伊坂幸太郎さんは IN★POCKETにエッセイを寄せていらして 
              「PK」は「!」と「?」を掛け合わせたものだとおっしゃっています。
              その「!」と「?」を楽しみたくて、わたしなりに想像を膨らませました。
              そのお話を書きたいと思います。

               *ネタバレを含みますのでご注意ください

                     PK (講談社文庫)
                       PK (講談社文庫)


              ◆ 第4回 時間スリについて ◆

              「密使」で登場する時間スリのお話があります。
              僕こと、三上は人の時間を盗むことができる時間スリです。

              文庫本 P196
              ------------------------------------------------------------------------
               翌日を迎える直前、自分一人が動ける時間がある。
               それが僕の能力だった。
              ------------------------------------------------------------------------

              そして、三上は、イベントで戦隊もののヒーロー役をするのが仕事です。

              文庫本 P225
              --------------------------------------------------------------------------------------------
               僕は、仕事を引き受けることにした。 (中略)
               悪事の片棒を担がされるのではないか?と僕自身も心配ではあった。(中略)
               が、やることにした。
               自分の力を役立てたい。(中略)
               ヒーローの役をやってばかりであったから、そのあたりの感覚が
               麻痺していた可能性もある。
              ----------------------------------------------------------------------------------------------
               
              ここからは、わたしが想像をふくらませた話です。

              時間スリの三上は、人を助けることが好き、そしてヒーロー好きの男性です。
              彼は正義の味方でありたいのだと思います。 
              ですから、サッカーの試合での八百長や、
              公式審判がサッカー賭博に関与していることは
              許せなかったのでしょう。

              そこで、時間スリの特殊能力を使って、
              審判に、自分の過ちを認めるよう、考え直す時間を作ったのです。
              結果、審判は不正を認め、試合は無効となりました。



              そんな時間スリの三上は、もっと過去にさかのぼれば、
              もしかしたら、次郎君なのかもしれません。

              文庫本 P14
              ------------------------------------------------------------------------------------------
               次郎君はあまりに遅刻ばかりしたから、時計を腹に入れられたらしい
              ------------------------------------------------------------------------------------------

              時計を腹に入れられたから、時間スリという特殊能力が備わった?
              それとも逆に、時間スリだから、人とは時間の感覚にずれが生じ、
              遅刻を繰り返した?

              その次郎君は、一度未来の世界へ戻り、
              再び、現在の世界へやって来たときには、
              大臣を守る正義の味方として、秘書官になっていた?


              と、ちょっと無理があるかなーという想像をして楽しみました。


              -------------------------------------------------------  
               
                    紙飛行機ドットコム

                伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

              ------------------------------------------------------------

              「PK」もうひとつの感想(5)大臣について

              0
                文庫本「PK」を読みました。
                その感想等を 紙飛行機ドットコム「伊坂幸太郎さんの本を読む」PK編 に書きましたが、
                そこに書ききれなかったことを、少しずつ書いていこうと思います。

                また、伊坂幸太郎さんは IN★POCKETにエッセイを寄せていらして 
                「PK」は「!」と「?」を掛け合わせたものだとおっしゃっています。
                その「!」と「?」を楽しみたくて、わたしなりに想像を膨らませました。
                そのお話を書きたいと思います。

                 *ネタバレを含みますのでご注意ください

                       PK (講談社文庫)
                         PK (講談社文庫)


                ◆ 第5回 大臣について ◆

                「良い変化」と「悪い変化」の話に戻ります。

                「PK」では、大臣の父親の浮気は妻にばれず、
                「超人」では、浮気はばれます。

                ということは、
                「PK」では密使が派遣され、
                「超人」では派遣されていないことになります。

                その流れで行くと、
                「PK」では、「良い変化」「悪い変化」が起きるのですね。


                「PK」  文庫本 P16
                -------------------------------------------------------------------
                 君の細君や息子さんは幻滅するだろう
                --------------------------------------------------------------------
                幹事長が大臣に言った言葉です。
                ここから、大臣は結婚をしていて、妻と息子がいることがわかります。



                「超人」  文庫本 P106
                ---------------------------------------------------------------------
                 病で子供を失った経験からなのか、
                 それとも、新人議員の際には
                 マスコミに追われた経験が影響しているのか   (略)
                ----------------------------------------------------------------------
                秘書官が大臣について感じることが書かれています。


                「PK」では、大臣に息子がいて
                「超人」では、息子は病で亡くなっていますね。

                密使が派遣された「PK」の世界での
                「良い変化」のひとつは、これかもしれません。
                大臣も密使に救われたのですね。よかった。


                と、わたしは想像しました。


                -------------------------------------------------------  
                 
                      紙飛行機ドットコム

                  伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                ------------------------------------------------------------

                文庫本「PK」に解説があります

                0
                  2014年11月14日 「PK」の文庫本が発売になりました。

                      PK (講談社文庫)
                       PK (講談社文庫)

                  伊坂幸太郎さんは、文庫化の際に改稿することが多い方ですが、
                  この「PK」に関しては、改稿はなかったようです。

                  文庫本には、単行本にはない「解説」のようなものがつきものです。
                  この「PK」の場合は、どなたがどんなことを書いてくれているのかしらと、
                  気になって、本編より先にそちらを読みました。

                  あらー、すごい。
                  解説でネタバレしちゃっています。

                  解説を書いていらっしゃるのは大森望さんです。
                  大森さんは、「密使」が掲載された、
                  河出文庫のアンソロジー「NOVA5 書き下ろし日ノンSFコレクション」の編集者です。

                  単行本「PK」を読んで、
                  モヤモヤしている人や
                  わかったような気がするけど答え合わせをしたい人が
                  いるかもしれない、
                  ということで、大森さんなりの解説を書いていらっしゃるのです。
                  「ネタバレ全開になるので、未読の方はくれぐれもご注意ください」
                  とある通り、ほんとに、ほんとにネタバレ全開です。

                  わたしは、もちろん読ませていただきました。
                  おおーっ!なるほど。
                  そう読み解くか!

                  小説ですからね。
                  読み手がどうとらえるか、自由だと思うんですよ。
                  大森さんが「正解とは限りませんが」と書いていらっしゃるように
                  答えはひとつではないのかもしれません。
                  いろいろな方の読み解き方を知るのも楽しいです。

                  わたしは、このように読みました。
                  紙飛行機ドットコム「伊坂幸太郎さんの本を読む」 PK編 はこちらです。

                  -------------------------------------------------------  
                   
                        紙飛行機ドットコム

                    伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                  ------------------------------------------------------------

                  文庫本「PK」の表紙が気になります

                  0
                    11月14日に「PK」の文庫本が出ます。

                        PK (講談社文庫)
                         PK (講談社文庫)

                    文庫の表紙は、単行本とは全然違うんですね。
                    「PK」と言えば緑が印象的だったのですが、文庫は緑が全くないです。

                        PK
                             PK

                    「グラウンドは緑の海だ」
                    この文章から「PK」は始まります。
                    そして、最後は「緑色の服を着た男」で終わります。
                    あとがきでも、伊坂さんは
                    緑で始まり、緑で終わることにふれていらっしゃいます。

                    ------------------------------------------------------------------------------------------
                     「緑の海」の文章からはじまり、「緑色の服」で終わることになりました。
                     意図したものではないものの、こうした意図せぬ繋がりはやはり
                     愉快なものです。
                    ------------------------------------------------------------------------------------------

                    わたしにとっても、この本は緑のイメージが強かったのですが、
                    文庫では、その緑の表紙ではなくなるんですね。
                    内容はどうなのでしょうか。
                    楽しみです。


                    -------------------------------------------------------  
                     
                          紙飛行機ドットコム

                      伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                    ------------------------------------------------------------

                    来月「PK」の文庫本が出ます

                    0
                      「伊坂幸太郎---デビュー10年新たなる決意」

                      このムックを再読した話の続きです。
                      これが出たのは2010年11月のことです。
                      ということは、掲載されているインタビューは、それ以前に行われたことになりますよね。

                         伊坂幸太郎---デビュー10年新たなる決意
                      伊坂幸太郎---デビュー10年新たなる決意

                      「伊坂幸太郎式 小説の書き方、作り方」の中で
                      伊坂さんは「いちいち描写をしておきたい」とおっしゃっています。

                      「マリアビートル」での、七尾くんと檸檬が戦うシーンが、
                      その一例として掲載されていました。
                      わたしも、このシーンを読んだとき、思ったんです。
                      こんなに細かく書けるってすごいなーって。
                      伊坂さんの頭の中には、このシーンが映像のように見えているのかと。
                      それとも、誰かにモデルになってもらって、実際に戦っているシーンを見たのか?
                      などと、想像しながら、伊坂さんを尊敬しておりました。

                      ----------------------------------------------------------------------------------
                        サッカーの映像を参照しながら、
                        メッシが敵を抜いていく動作を、
                        やっぱりいちいち文章で書き起こしてみたり。
                        そういう「動きのデッサン作業」のようなものって、
                        文章修業とかとはまた違うのでしょうが、
                        発見があるので、やりたくなります
                      ------------------------------------------------------------------------------------


                      こう、伊坂さんはおしゃっています。
                      「動きのデッサン作業」ですか。
                      アナウンサーが、サッカーの実況をするように、
                      それを、文章で描写していくんですね。
                      この、サッカーを描写するという話は、「PK」につながる話のように思えました。


                      ----------------------------------------------------------------------------------
                        最近のことで言うなら、映画の「スーパーマン」のDVDを観ながら、
                        小説の中にある描写を書いてみました。
                      ------------------------------------------------------------------------------------

                      これこそ「PK」に収録されている「超人」のことではないでしょうか。
                      「超人」のは初出は2011年の「群像」7月号です。

                      そして、「PK」は、来月、文庫本になって発売されます
                      楽しみにしています。

                         PK
                              PK



                      -------------------------------------------------------  
                       
                            紙飛行機ドットコム

                        伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

                      ------------------------------------------------------------


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 砂漠
                        季ララ
                      • 砂漠
                        あひろて
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        季ララ
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        あひろて
                      • 「オーデュボンの祈り」単行本を読みました
                        季ララ
                      • 「オーデュボンの祈り」単行本を読みました
                        あひろて
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        季ララ
                      • 「アイネクライネナハトムジーク」相関図を修正しました
                        あひろて
                      • シーソーモンスター最終回を読みました
                        季ララ
                      • シーソーモンスター最終回を読みました
                        じろ

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode