「あるキング:完全版」を読みました

0
    「あるキング:完全版」を読みました。

      あるキング: 完全版 (新潮文庫)
    あるキング: 完全版 (新潮文庫)

    出版順に収録されているのかと思っていたら違っていました。
    単行本版 → 雑誌連載版 → 文庫版
    この順番でした。
    このお話は、年齢の章で成り立っています。
    0歳、3歳、10歳、12歳、13歳、14歳、15歳、17歳、18歳、21歳、22歳、23歳

    すでに文庫本を読み、ストーリーを知っていたわたしは、
    敢えて、読み方を変えてみました。

    単行本版0歳 → 雑誌連載版0歳 → 文庫版0歳
    → 単行本版3歳 → 雑誌連載版3歳 → 文庫版3歳
    → 単行本版10歳 → 雑誌連載版10歳 → 文庫版10歳
    〜 同様
    → 単行本版23歳 → 雑誌連載版23歳 → 文庫版23歳

    という具合に。
    そうすると、違いがわかりやすいかなと思って。
    その結果・・・びっくりしたことがひとつありました。
    登場人物の名前に違いがあるんですね。

    <以下、ネタバレがあるのでご注意ください>



    まずは、王求の中学生時代の同級生・乃木君。
    雑誌連載 乃木 信二
    単行本  乃木 洋
    文庫本  乃木 隼人

    それから、バッティングセンターの管理人。
    雑誌連載     木下 哲二
    単行本・文庫本  津田 哲二

    そして、打撃コーチ。
    雑誌連載 現役時代は大型トラックという意味合いから「トラック」と称されていた
    単行本  トラックの愛称で呼ばれていた屈強の打撃コーチ
    文庫本  高知という苗字のコーチ

    どんな理由から変更されたのでしょうね。
    理由をうかがう機会があるとうれしいです。
    何かのインタビューとかでお話してくれるといいなぁと思います。

    ------------------------------------------------------------  

          紙飛行機ドットコム

         伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

    ------------------------------------------------------------
     

    あるキング:完全版

    0
      「あるキング:完全版」を読み始めました。

        あるキング: 完全版 (新潮文庫)
      あるキング: 完全版 (新潮文庫)

      わたしは、徳間書店から出版された単行本と文庫本を読んでいます。
        あるキング  あるキング (徳間文庫)

      今回、発売になった文庫本は、新潮社から出ています。
      タイトルに「完全版」という文字もあります。
      お値段も、文庫本だけど1000円以上します。
      つまり、徳間書店から出た文庫より、もっと盛りだくさんの文庫本なんです。

      雑誌連載版、単行本版、徳間文庫版と、三つのバージョンが収録されていて、
      さらに伊坂幸太郎さんのインタビューが掲載されています。
      そして、付録というのかな、掌編(ショートストーリー)もついています。

      本編を読む前に、伊坂さんのインタビューを読み、掌編も読みました。
      さて、改めて。
      これから「あるキング:完全版」を読みます。
      わたしは、雑誌連載版を読んだことがないので、それが楽しみです。

      そうそう、そしてお気入りはスピンです。
      通常、スピンって茶色が多いですよね。
      だけど、この文庫本のスピンは黄色なんですよ。
      その黄色っていうのが、表紙のタイトル「あるキング」の文字色と同じなんです。
      おしゃれ〜。
      そういうこだわりって好きだなぁ。


      ------------------------------------------------------------  

            紙飛行機ドットコム

           伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

      ------------------------------------------------------------

      あるキング

      0
                 あるキング (徳間文庫 い 63-1)
                 あるキング (徳間文庫 )


        「あるキング」の感想は
        「伊坂 幸太郎さんの本を読む」のこちらのページへどうぞ



        --------------------------------------------------------------

           紙飛行機ドットコム

           伊坂 幸太郎さんの本を読む トップページ

        -----------------------------------------------------------------

        あるキング

        0
          あるキング
          あるキング


          ----------------------------------------------------------------


          1

          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          2627282930  
          << November 2017 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 「サブマリン」を読みました<4回目>
            季ララ
          • 「サブマリン」を読みました<4回目>
            あひろて
          • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
            季ララ
          • 「ホワイトラビット」雑誌インタビュー
            よしペコ
          • 「重力ピエロ」の衝撃
            季ララ
          • 「重力ピエロ」の衝撃
            あひろて
          • 「重力ピエロ」の衝撃
            季ララ
          • 「重力ピエロ」の衝撃
            あひろて
          • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
            季ララ
          • 「アイネクライネナハトムジーク」文庫本発売です
            ゆひ

          recent trackback

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode